当医院は、患者様のことを第一と考え我が身に置き換え、どうすればなるべく、削らず、抜かず、痛くない治療を心がけてまいりました。

特に口腔と(お口の内)を通じて全身の健康に増進を図ることに、日夜精進してまいりました。

その結果として、新しい咬合(咬み合わせ)の概念を構築し、多くの患者様に提供できる事を喜びと考えています。

一生自分の歯で食べ、快適な生活を送ると言うポリシーに賛同される患者様が増え、遠方から来院される方もおられ嬉しい限りであります。

患者様との二人三脚で治療にあたり、お口の健康、全身の健康を分かち合いたいと思っています。何かお困りの点ががあれば、遠慮なく来院下さい。

 また、患者さんの歯を極力残す事、つまり、自分の歯を大切にして守ることも心がけています。   

残存的保護の立場からチタンコアー等を使う事により、他医院に比べて、歯牙喪失率8分の1になっています。

それゆえに、自分の歯でよく噛めインプラントにしないですむ患者さんが増えております。ご満足していただける結果になると思います。


きとう歯科院長
  鬼頭和義
【C4状態に対する咬合の再構築(審美性も兼ねた)のチタンコアー】
〈チタンコアー〉
〈チタンコアー装着〉
〈ハイブリッドセラミックスクラウン”シンフォニー”装着〉
〈支台歯形成〉